2009年6月28日日曜日

結婚


友人の結婚式に行ってきた。
新郎日本人、新婦韓国人の日韓カップルだ。

韓国の結婚式では、通常両家の母親が最初に入場するんだけど
それが日韓カップルになると・・・


こうなります。



「韓服(ハンボク)」 と 「和服」


いつ見ても美しい光景。言葉は要りません。



新郎と知り合って約4年。
彼とは置かれた境遇が似ていたこともあって
仕事の面でも、プライベートの面でも
お互いに励まし合い、また相談にも乗ってきた。


それだけに今日は、自分のことのように、嬉しかったよ。
心からおめでとう!末永くお幸せに~!!



5 件のコメント:

寅さん さんのコメント...

日韓・韓日?カップル(笑)ご結婚おめでとうございます。

オイラの友人にも居ますよ。
旦那が在日の韓国籍・奥さんが日本籍でした。
2人共に高校の同級生、旦那さんが大学を卒業して直ぐに結婚しました。
我々の仲間では一番早かったカップル。

彼は外見はいかついのですが心は実にナイーブな男です、奥様は・・・肝っ玉母さんかな?(笑)

彼とは1・2年と同級・同じ柔道部でした。
高校3年生の夏休みに信州の八ヶ岳に夏季集中合宿と称した私的な勉強会に10日間程行った際に彼から「国籍をどうしようか迷っている。」と相談を受けました。
『国籍!?』・・・そんな事考えた事も無かったノータリンの高校生は衝撃を受けたのを覚えて居ます。

その後年に数回歓談の機会が今も続いています。
お子さんは日本国籍にしてた様でしたが、彼も10年ほど前お子さんのご結婚を機に日本国籍を取られたようです。
「とうとう、日本人になっちゃったよ。」と照れくさそうに言った際の嬉しそうな・悲しいそうな顔は忘れません。
そんな彼も今は孫を甘やかせてる好爺ちゃんです。(*^_^*)

日韓・韓日だけでなく世界との友好と平和が永遠に続く事を切に祈っています。
(長文になりました・・・ごめんなさい。)

さんのコメント...

●寅社長

素敵なお話を聞かせて頂き、有難うございました。

「国籍」の相談をされるということは、さぞ勇気が要ったことだと思います。でも、それはきっと、相手が寅社長だったからこそ可能だったのでしょうね。

だから今でもその友情は続いている。そのご友人は、韓国人から日本人に国籍は変わったけれども、きっと寅社長とは始めから国籍を超えた付き合いだったのではないでしょうか。

日韓のみならず、世界中の人と、国籍を超えて、同じ「人間」として付き合うことができれば、「平和」は自ずとやって来るのかもしれませんね。

ん?ということは・・・、世界中が寅社長みたいになれば「平和」になるってことですね!^^

寅さん さんのコメント...

>世界中が寅社長みたいになれば「平和」になるってことですね!^^

オイラは1人で充分でしょう!?
でないと食糧危機が早まり、世界が滅びます。(~_~;)

clover さんのコメント...

結婚式の新婦から両親へのメッセージは泣くね。

さんのコメント...

●寅社長

>オイラは1人で充分でしょう!?
やっぱそうかな・・・(笑)

いやでも、本当に寅社長といると、一緒に
いるこちらの心が安らぐんです。
ぜひいつまでもそのままでいて下さいねー。
世界平和のためにも!^^

●clover

残念ながら韓国の結婚式には、新郎新婦から
両親への言葉っていう順序はないんだよ。
でも、代わりに両親に感謝の気持ちを込めて
深くお辞儀をします。
言葉は無くても、伝わるものは同じかもね。